『「やる気」に頼らない「知的労働」の思考』

この記事は2分で読めます

 

人は「やる気」があるときは、仕事が
はかどりますが、「やる気」がでない時
というのは、どうしても、生産性が目に
見えて落ちてきます。

そこで今日は、「やる気」に頼らず仕事の
生産性を保つ方法がないのかを検証します。
まずは、

「やる気」に頼らないということを考えてみます。

やる気がない時の効率はガクンと下がります。

しかし、「やる気」はずっと持ち続けられる
ものではありません。

そこで、やる気だけに頼らない作業システム
作りを始めることが大事になってきます。

このやる気に頼らない仕組みを作ることが、
成功への第一歩となります。

悔しさのバネというのも、そう長く効く
ものではありません。

やがて悔しさを忘れ、また同じ失敗を
くり返してしまいます。

ここで、
「やる気」に頼らない方法を会得できるか
どうかが鍵になってきます。
★精神論には再現性はありませんが、
方法論には再現性があります。
気合いとかやる気とか根性とか、
そんな曖昧なものに依存していては、
成果が出るのも難しく続くものも
続けられません。
まずは、「仕組み」を作る。

1回で済む仕組みを見つけることです。

1回やったら後は、自動的に続くような
仕組みを作り出すことです。

この仕組みを作り出すことが、
本当の意味での「知的労働」をする
ということに他ならないです。

なので、みなさんも「知的労働」を
意識してください。

自分の頭を振り絞り、
これまで満たされていない分野で
仕組み作りができないかを
考えてみてください。
たとえば、こんな具体例があります。
アップデートするだけで利益を得ている
企業があります。

セミナー講師の場合、
毎回自分が講師をするのではなくて、
セミナーの内容をDVDにして販売する
ことを考えてみる。

自分がカラダを動かすのではなく、
「バイト」などを雇うことで
他の人に働いてもらいます。
「外注化」するという考え方です。
さらに、
ビジネスの基本でもある

P:Plan
D:Do
C:Check
A:Action

このPDCAのサイクルを、
正しく早く回すことを意識する。

いかに「PDC」のサイクルを早く
回していくかで決まります。

また、
「DとAだけになっていないか?」と
自問自答してみること。
「勉強ができる子」というのは、事実、
すぐに問題集を解こうとせず、まず、
「合格」までに何をどれだけすればいいか
を考え、全体をみつめ、それからはじめて、
問題集を開き、問題に取り掛かるようです。

そして、実際に問題を解き、
できなかったところはどのようにすれば
できるようになるのかをチェックします。
つまり、P(Plan)、D(Do)、C(Check)
を回しています。

そして、プランから始めるわけです。
この三つをどれだけ早く回していけるかが、
次のカギになります。
今日は、「やる気」に頼らない「知的労働」
の思考についてお届けしました。

みなさんも是非身の回りで、仕組み化出来る
ものを考えてみてください。

また、PDCAを上手く回して、仕事の効率化を
図ってください。

こちらはもうチェック頂きましたでしょうか?

第4話「不労所得の作り方】が公開されています。

http://samkobayashi.secret.jp/manga20323

是非、登録してチェックしてみてくださいね。

 

小林 修

メルマガ登録はこちらより
【小林おさむ公式メルマガ】
→ http://samkobayashi.secret.jp/mail_magazine

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Profile


小林 修(こばやし おさむ)
詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メルマガ登録&無料プレゼント

Facebookのお友達を5,000人にする方法を 無料プレゼント中です。
メルマガ登録はこちらからどうぞ♪

タグクラウド

Follow me my twitter

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。♪

カテゴリー

私のおすすめ本です

2002年1月
    2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Count per Day

  • 127現在の記事:
  • 141532総閲覧数:
  • 102今日の閲覧数:
  • 118703総訪問者数:
  • 86今日の訪問者数:
  • 3711月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 14/05/2015カウント開始日:
Top