『 ランチョンテクニックについて 』

この記事は1分で読めます

みなさま、クリスマスも終わり、
年末までのカウントダウンとなり
ましたね。
東京の空は、生憎の曇り空で、
満月を見ることはできませんでし
た。
みなさんのところでは、見れたで
しょうか?
さて、今日の本題です。
人は食事をしてる時としてない時
と比べると、してる時の方が圧倒
的に好意的になりやすいのです。
逆に、こうも言えます。
相手が男性であっても、女性であ
っても食事をしていて楽しい時を
過ごせる相手なのかそうでないの
かによって、相手との相性をチェ
ックすることができます。

このテクニックを

「ランチョンテクニック」

といいます。
同じ釜の飯を食うとよく言われま
すが、人は物を食べるとき、心理
的に無防備になり、心のバリアが
弱まるのです。
飲み込むという行為が、自分の意
思で止めることができないことか
らその状況を受け入れるしかなく
なります。
つまり、物を飲み込んでいる時は、
人は暗示にかかりやすいというこ
とになります。
つまり、何を申し上げたいかとい
いますと、

相手と交渉する際に、「Yes」
と言わせやすくする状況
を作ることが重要になります。

その状況をつくりだすためには、
相手に何か飲み込んでもらうこと
です。

ただ実際に、食事真っ只中では、
本格的な交渉は難しいと思います。
ただ狙い目な瞬間があります。
その瞬間とは?
「合間に水をのんだり、
食後のコーヒー」
このタイミングを見計らって
交渉すると説得させやすくなります。
もっというと、
食後のコーヒーとかの方が人は
説得されやすくなるそうです。
なぜかというと、
コーヒーに含まれるカフェインに
興奮剤的な作用があるため、
その作用が神経を研ぎ澄まさせ、
相手に興味を増加させる働きがあ
るというのです。
なので商談の時は、
コーヒーを注文したほうがいいで
しょう。
このように
「食事でもしながら軽く打ち合わ
せでもしましょうか」
この言葉を添えて相手に食事を誘
うことが

今後、自分のビジネスを円滑に進
めていく鍵となります。
商談の交渉時にぜひ覚えておいて
ほしいテクニックですね。
ぜひ、参考にしてみてください。
小林 修

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Profile


小林 修(こばやし おさむ)
詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メルマガ登録&無料プレゼント

Facebookのお友達を5,000人にする方法を 無料プレゼント中です。
メルマガ登録はこちらからどうぞ♪

タグクラウド

Follow me my twitter

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。♪

カテゴリー

私のおすすめ本です

2001年1月
    2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Count per Day

  • 20現在の記事:
  • 141532総閲覧数:
  • 102今日の閲覧数:
  • 118703総訪問者数:
  • 86今日の訪問者数:
  • 3711月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 14/05/2015カウント開始日:
Top