『(必読)MMF、全社が資金返還 』

この記事は2分で読めます

今朝の日経新聞一面をご覧になったでしょうか?

『野村アセットマネジメントなど
資産運用大手はMMF
(マネー・マネージメント・ファンド)
の運用をやめ、資産を投資家に返す方針
を固めた。

マイナス金利のあおりで安定した利回り
を確保できなくなったため。

MMFを扱う全11社が償還する見通しで、
一時は残高が20兆円を超えた人気投資信託
が事実上姿を消す。』

記事は、日経新聞からの抜粋です。
MMF(マネーマネジメントファンド)とは、
中期国債ファンドに変わって、証券会社が
主力として販売している公社債投信の一つです。

MRFと比べてやや長期の債券を売買する
投資信託ですが、基本的にはかなり
短期の債券(社債やCP)で運用されるので
元本割れのリスクは極めて低い投資信託です。
マイナス金利導入後、これらの商品の利回り
が急低下で、運用難に陥ってしまったため
です。

金融業界に長く在籍してきましたが、
投資家から預かっていた資金をこのような
形で返金するのは、前代未聞の出来事です。
ピーク時のこちらの商品の残高は、
2000年5月には21兆円を占めた時期が
ありましたが、市場金利の変化に伴い、
残高も減少傾向で、先週末の残高は、
1兆3723億円となっていました。

機関投資家と呼ばれる投資家の資金は
挙って債券マーケットに向かい、金利を大きく
押し下げてしまい。このような結果となって
しまいました。

なお、
今日のマーケットでは、
10年物新発国債の利回りはマイナス0.1%を
付けました。
この1兆3723億円という資金は
どこに向かってゆくのでしょうか?

一部のFPの方の推奨もあってのことか、
もしくは、少しでもレートの高いという
ことで、個人向け国債に資金が流れている
ようですが、精々0.05%なんです。

仮に100万円を10年間預けたとしても、
10年間で貰える金利が5,000円にしかなりません。
この5,000円から税金も差し引かれます。

それでも、

① 銀行の普通預金(0.001%)に預けます。
② 国債を買います。

①もしくは②でご納得いただける方にとっては、
つまらない話なので、無視して頂いて結構です。
そんな中、
年率約50%で安定して利益を出している
モデルが世の中には存在します。

是非、チェックみてください。
→ http://samkobayashi.secret.jp/NIRP

その内容をすべて無料で公開します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Profile


小林 修(こばやし おさむ)
詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メルマガ登録&無料プレゼント

Facebookのお友達を5,000人にする方法を 無料プレゼント中です。
メルマガ登録はこちらからどうぞ♪

タグクラウド

Follow me my twitter

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。♪

カテゴリー

私のおすすめ本です

2002年1月
    2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Count per Day

  • 62現在の記事:
  • 114579総閲覧数:
  • 297今日の閲覧数:
  • 95930総訪問者数:
  • 260今日の訪問者数:
  • 7787月別訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 14/05/2015カウント開始日:
Top