『いまさら聞けない外貨預金のこと』

この記事は2分で読めます

 

「大手銀行外貨預金に誘導」

今日の日経新聞14版の5面のタイトルです。

今日は、いまさら聞けない外貨預金のこと
について情報シェアー出来ればと思います。

記事には、
日銀が「マイナス金利政策」を導入決定後、
大手銀行などが外貨預金の金利を相次いで
引き上げているとあります。
これは、どういうことかというと、
円での運用先に困る中、銀行としての
円預金を増やさないための狙いがあります。
外貨預金って、どんなものと思われた方
向けに解説してゆきます。
外貨預金とは、その名の如く銀行に
外貨で預けることになります。

いってみれば、銀行本来の商品の中には、
円ベースでみれば、元本が確保されるもの
が中心なのですが、この外貨預金は唯一、
円ベースでは、元本が確保されない、
すなわち、元本が変動することになります。

元本が確保されないってどういうこと?
と思われた方も多いとおもいます。

新聞やニュースで、

1ドル=115.00円などと報道されている
のをご覧になったことがあると思うのですが、

これは、1ドルを115.00円で交換されている
ということを意味します。

海外に行かれた方は、イメージが湧くと
思うのですが、

旅行に行く時に
TTSで
円 → ドル に交換して

旅行帰りに
TTBで
ドル → 円に換金します。

すなわち、このTTSとTTBの差というのが、
銀行の手数料になります。

大手銀行に預金時のTTSとTTBは、
市場のレートに対して、
大体50銭程度です。
こんなイメージです。

TTS :115.50円

市場のレート: 115.00円

TTB :114.50円

今、市場のレートが、
115.00円だとして、
10,000ドル
を購入したとします。
必要な資金は、

115.50円×10,000ドル=1,155,000円

となります。

市場のレートが、115.00円のままとして、

この10,000ドルを円に換金したいとします。

換金できる金額は、

114.50円×10,000ドル=1,145,000円
10,000円、円ベースでみると減ってしまいます。
これが、銀行の手数料です。

このように、ドルを買って、すぐに
売却をしてしまうと損失が出てしまう
可能性が非常に高いです。
資産を外貨に振り向けるという点に
おいては、非常に良いことなのですが、
為替リスクという点を十分に念頭において、
行動することが重要になってきます。

また、預金保険の対象外なので、
万が一銀行が破たんした場合の払い戻し
に関しては、金融機関の支払い能力に
保証額が変化することも注意が必要です。
今日は、いまさら聞けない外貨預金に
ついてお届けしました。

 

こちらはもうチェックされましたか?
現在、第3話まで公開されています。

第4話は明日の17時に公開決定!
→ http://samkobayashi.secret.jp/manga0323
是非、登録してチェックしてみてくださいね。

小林 修

メルマガ登録はこちらより
【小林おさむ公式メルマガ】
→ http://samkobayashi.secret.jp/mail_magazine

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Profile


小林 修(こばやし おさむ)
詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メルマガ登録&無料プレゼント

Facebookのお友達を5,000人にする方法を 無料プレゼント中です。
メルマガ登録はこちらからどうぞ♪

タグクラウド

Follow me my twitter

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。♪

カテゴリー

私のおすすめ本です

2002年1月
    2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Count per Day

  • 39現在の記事:
  • 141532総閲覧数:
  • 102今日の閲覧数:
  • 118703総訪問者数:
  • 86今日の訪問者数:
  • 3711月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 14/05/2015カウント開始日:
Top