『 今日は大寒 』

この記事は2分で読めます

 

今日は、24節気のひとつの大寒です。
古来から小寒(今年は1月6日)から立春の前日
(2月3日)頃までが、1年で一番寒い時期と
言われていて、その中間に位置するのが

本日の大寒です。

名実ともに一年で一番寒い時期です。

今週の月曜日は、大変でした。
雪に弱い東京を改めて経験しました。

昨日も、関西のエリアでも雪で、
金閣寺の雪化粧がネットの話題になっていました。
しかし、今日の大寒は、それほど寒い訳では無く、
水路の水も凍りつくことはありませんでした。

アイキャッチの画像は、今日の日の出の風景です。
東京地方の日の出の時刻は6:48でした。

大寒の次は2週間で立春。春遠からじ・・・ですね。

今週末は、再度東京地方は雪のような
ので要注意です。

みなさんお出かけの際は、ご注意ください。
今日は、大寒にまつわる話になります。
大寒の時期には大寒の時期なりの行事や、
風物詩があります。

この頃、手紙を出す時には、
「大寒の候(ころ)」という言葉を使ったりします。

大寒の候とは、

大寒(2016年は1月21日)から節分
(2016年は2月3日)までに届く手紙を
出す時に使う挨拶です。
「大寒の候、いかがお過ごしでしょうか?」

などという感じで使います。

また、この頃の食べ物として、「大寒たまご」
というのがあるのですが、

みなさんご存知でしょうか?

実は、私も知りませんでした。

小寒から立春の前日までに生まれた
鶏などのたまごを「寒たまご」と言って、
寒たまごを食べると健康に過ごせると
言われています。

その中でも特に大寒の日に生まれたたまごを
「大寒たまご」と言い珍重されているようです。
本当かな?と思って調べてみましたが、
寒い時期には鳥が産む卵が少ないのは
本当のようですが、そのために一つ一つの
たまごの栄養が他の時期に産まれるたまごより
濃縮されているかどうかは確認できませんでした。

もしかしたら言い伝えや縁起物の類かもしれません。

本当の話かもしれませんが。
最近は、大寒たまごの人気が出てきて、
生卵のパックが売られているのはもちろん
ですが、大寒たまごの玉子焼きや、
大寒たまごの玉子焼きを入れた恵方巻、
大寒たまごで作ったバームクーヘンで
などがよく売れてネット通販でも予約だけで
既に完売になっている所もあるようです。
健康というキーワードに関心が高い人が
多いことの現れですね。

しかも、大寒の日に産まれたという限定品ですからね。
健康+限定品ということでよく売れるのでしょう。

数年したら大寒たまごが、
バレンタインデーのチョコ、
節分の恵方巻きに次ぐ、
新しい定番商品になるかもしれません。
また、栄養価が高いだけではなく縁起物で
風水の世界では、「寒たまごを食べると
金運が上昇する」といわれているようです。

 

小林 修

メルマガ登録はこちらより

【小林おさむ公式メルマガ】
→ http://bit.ly/1mFYwdW

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Profile


小林 修(こばやし おさむ)
詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メルマガ登録&無料プレゼント

Facebookのお友達を5,000人にする方法を 無料プレゼント中です。
メルマガ登録はこちらからどうぞ♪

タグクラウド

Follow me my twitter

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。♪

カテゴリー

私のおすすめ本です

2002年1月
    2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Count per Day

  • 41現在の記事:
  • 113847総閲覧数:
  • 66今日の閲覧数:
  • 95314総訪問者数:
  • 63今日の訪問者数:
  • 7171月別訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 14/05/2015カウント開始日:
Top