『 子供からの気付き 』

この記事は2分で読めます

 

今日の話は、「たんなわ」です。
初めてこの言葉を聞いた時は、
何ことかなと思いました。
たんなわとは、なわとびのことの
ようで、今の小学校では、たんなわ
とよんでいるようです。
調べてみると、なわとび運動には、
個々のなわの操作技術を高める「短なわ跳び」
というものと集団で取組む「長なわ跳び」の
2種類があり、子供にとっては、具体的な目標
を設定しやすく、個人が設定した跳び方や
回数や時間などを達成した時に楽しさや喜び
を感じることが、出来るようにと体育の学習
指導案に明記されていました。
このたんなわが、愛娘の冬休みの宿題でした。
休み中、ほぼ毎日のように練習をしていて
練習の立ち合いをしていました。
最初のうちは、うまく飛べない。できないと
いってなげだしそうな局面もあったのですが、
お手本を見せてあげたり、一緒に跳んであげると
なわとジャンプのタイミングをつかむように
なり、自分でも跳べるようになってゆきました。
また、できないと思っていることが、
できるようになると、跳べたことに対する
喜びが生まれ、さらに回数が跳べるように
とか、二重跳びを跳べるようにとさらに
上を目指して、頑張るようになります。
目標達成にも創意工夫がなされていて、
20回をワンセットで、ぬりえを完成せて
ゆくといったもので、50セットすなわち
合計1000回跳ぶとひとつの作品が出来上がる
といったものでした。

この作品を完成させるのがモチベーション
となって子供たちも頑張るといった感じです。
たんなわと一口にいっても
二重跳びが跳びやすい仕様ものや
様々な種類のものが販売されていたのには、
ちょっとびっくりでした。
大人になると、やったことないことや
出来ないと思ったことに対して、
自分なりの壁を作ってしまって、
勝手に出来ないとか、出来ないことに
対して、あれこれと理由づけを行って
正当化してしまう傾向が見受けられます。

チャレンジすることが、億劫になってしまうんですね。
わたしは、セミナー講師などをさせて
頂いたり、人に教えたりすることが
あるのですが、今回の事で子供より、
出来ない事に対して、チャレンジすること
の大切さと、子供目線で向き合って
必要最小限のサポートで、できるように
サポートしてあげることの大切さを
改めて、気付かせてくれました。
大人もチャレンジすることに、屈することなく
目標達成においては、自分なりの創意工夫
をすることが大切ですね。
愛娘に対しては、これからも良き父親
であり、勉強やスポーツと様々なこれから
の出来事を見守ってあげようと思います。

小林 修

【小林おさむ公式メルマガ】
→ http://bit.ly/1mFYwdW

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Profile


小林 修(こばやし おさむ)
詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メルマガ登録&無料プレゼント

Facebookのお友達を5,000人にする方法を 無料プレゼント中です。
メルマガ登録はこちらからどうぞ♪

タグクラウド

Follow me my twitter

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。♪

カテゴリー

私のおすすめ本です

2002年1月
    2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Count per Day

  • 38現在の記事:
  • 140782総閲覧数:
  • 80今日の閲覧数:
  • 118086総訪問者数:
  • 63今日の訪問者数:
  • 3094月別訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 14/05/2015カウント開始日:
Top