『 夢を買う値段はいくら? 』

この記事は2分で読めます

 

今日のお話しは、期待値です。
あまり耳なれない方も多いかと思
いますが、今回、宝くじを例に取
り上げてみたいと思います。
私は、数学好きで、以前一度この
計算を行ったことがあるのですが、
あまりにも期待値の低さに驚きま
した。
期待値とは、
一言で言ってしまうと確率の重み
で平均した値です。
投資したお金の戻ってる「見込み」
の金額をあらわしたものです。
具体的に年末ジャンボのケースを
例にとってみてゆきます。
今回販売された総額は、
28ユニット 2,000万枚
になります。
1枚300円で売られているので、
総額額は、なんと1,680億円と
なります。

もの凄い金額ですね。
当選金額と本数の関係は、

1等 700,000,000円 27本
1等の前後賞 150,000,000円 54本
1等の組違い賞 100,000円 5,373本
2等 10,000,000円 540本
3等 1,000,000円 5,400本
4等 50,000円 54,000本
5等 3,000円 5,400,000本
6等 300円 54,000,000本
70周年記念賞 700,000円 10,800本
となります。
宝くじの発売元(全国自治宝くじ
事務協議会)が準備しなければな
らない当選金の総額を計算すると。

約810億円となります。
宝くじの発行枚数は
28ユニット×2,000万枚
= 560,000,000枚
となります。

つまり、宝くじ1枚当たりに平均
して割り当てられる当選金額は、
約145円ということになります。
あくまでも数学的な解釈ですが、
1枚当たり300円を支払って、平均
145円の当選金がもらえることを
期待する意味になります。
ちなみに
1等の当たる確率は
2,000万分の1
2等の当たる確率は
1,000万分の1

東京都の人口が1200万人位なので、
東京都の全員が購入しても
当たるのは、1人か2人の計算ですね。
こうして数字でみてみると
宝くじが当たらないな?と
実感して頂けるのかもしてません。

立場を変えてみると、
宝くじビジネスって
今回のケースでみると、
1枚販売すると毎に、155円の利益
が発生するということです。
今回のケースですと870億円の利益
ということになりますね。
これらの利益は、公共事業等に公正
に使われることになるわけですが、
宝くじを別の目線からみることで
新たな発見がありますね。
そもそも宝くじとは,夢を買うもの。
当たっている方がいらっしゃるのは
事実なので、購入に関しては個人の
自由だと思います。
わたしが今回申し上げたかったのは、
期待値という考え方が非常に重要
なので、ご参考までに。

小林 修

【小林おさむ公式メルマガ】
→ http://bit.ly/1mFYwdW

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Profile


小林 修(こばやし おさむ)
詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メルマガ登録&無料プレゼント

Facebookのお友達を5,000人にする方法を 無料プレゼント中です。
メルマガ登録はこちらからどうぞ♪

タグクラウド

Follow me my twitter

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。♪

カテゴリー

私のおすすめ本です

2002年1月
    2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Count per Day

  • 46現在の記事:
  • 140552総閲覧数:
  • 120今日の閲覧数:
  • 117905総訪問者数:
  • 98今日の訪問者数:
  • 2913月別訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 14/05/2015カウント開始日:
Top