『思考の言語化を習慣にする方法について』

この記事は2分で読めます

思考の言語化とは?

言語化、すなわち、言いかえるとアウトプット
をすることです。

あなたの考えを整理するためには「言語化」
がとても大切なポイントとなります。

思考の深度を左右するのは言語化の力だと
考えられています。

記憶や理解を自分のものにするには
「自分で言葉にすること」が必要とされ、
同様に深い思考をもたらすのは「言語の力」
が必要となります。

ではなぜ「思考の言語化」が大切なのか?

言語化できていないことは、
身についていないのも同様とされます。
同様に、言語化できていないことは、
壁として認識されず超えることができない。

課題を言語化しなければ、成長はできません。

言語化とは抽象化の力のこと。
思考の深度とは、抽象化能力のことで、
できる人はこれに長けていて、
伸び悩む人は、この力が弱いとされています。

「頭の中を整理し言語化すると、
問題のほとんどは解決する」ということ
になります。

言語化ができている人と話すことは面白く、
どのような環境でも自分らしく働き、
楽しく生活を営んでいるという印象が一般的
にはあるようです。

また、
現代のインターネット時代になって、
考える力が弱まったという認識が一般的に
広まりつつあります。

というのも、
理解力や思考力を磨くためにはただ話を
聞いたり本を読んだり映像を見たりしている
だけではダメで、「考えること」と「情報収集」
がごっちゃになっているようです。

「情報収集」は自体は思考ではありません。
収集した情報を基に始めて思考が始まります。
ではここで、
「思考の言語化」習慣を身につける
トレーニングについてシェアしたいと思います。

観たり、聞いたり、感じたりしたことを
100字以内でまとめる。このことにより、
伝えたいことを素早く形にする思考回路は
強化され、ボキャブラリーや表現力も身に
つくようになります。

文章を音読することは言語化を鍛えるのに
もっとも適した方法です。

人に教える事を前提としたマニュアルと
言う形で文章化してみる。

言語化能力を磨くには言語化を徹底的に行う
しかなく。問題を解くだけでも、読書をする
だけでもダメなようです。

書くということにより、確実に「思考の言語化」
身につくようになります。

とにかく書くという行為によって、
自分の考え方を客観的に捉え、
更に複雑な考え方ができるようになります。

常に思考をしっかりとした言語にして
考える力をモノにしたいですね。

小林 修
【小林おさむ公式メルマガ】

【公式ブログは今何位?】
ブログランキング参加中です(^^♪
【公式ブログは今何位?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Profile


小林 修(こばやし おさむ)
詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メルマガ登録&無料プレゼント

Facebookのお友達を5,000人にする方法を 無料プレゼント中です。
メルマガ登録はこちらからどうぞ♪

タグクラウド

Follow me my twitter

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。♪

カテゴリー

私のおすすめ本です

2002年1月
    2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Count per Day

  • 1274現在の記事:
  • 113984総閲覧数:
  • 203今日の閲覧数:
  • 95435総訪問者数:
  • 184今日の訪問者数:
  • 7292月別訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 14/05/2015カウント開始日:
Top